施設長挨拶

北さくら園は大阪市の北東部にあります。近隣地域はいくつかの教育施設と、新しい街並みと古い街並みが混在する住宅街に囲まれた生活環境にあります。開設年月日は昭和26年、半世紀をすでに過ぎ、昭和49年の改築を経て現在に至っております。地域の方々も母子寮時代の施設のことをご存じの方々もおられ、古くから地域に密着した施設であります。

時代社会の変遷とともに、入所者の施設利用理由も変遷してまいりました。

平成24年、厚生労働省より社会的養護施設運営指針に関する通知が発出されました。母子生活支援施設も社会的養護施設に含まれ、その指針に基づいて施設を運営していきます。この指針の目的は、施設で暮らし、退所していく母親と子供にとって、よりよく生きることを保障するものでなければなりません。そして、地域や社会との連携を深めていく努力が必要です。そこで暮らす母親と子どもに「安定した生活の営み」を保障する取り組みを創出し、母子生活支援施設が持っている支援機能を地域へ還元していく展開が求められています。子どもは子どもとして人格が尊重され、子ども期をより良く生きることが大切であります。

母子生活支援施設は、児童福祉法第38条の規定に基づく施設であります。様々な理由で施設を利用される母子に対してその私生活を尊重しつつ親子関係の調整、再構築等と退所後の生活の安定を図り、その自立の促進を目的として、就労、家庭生活や子どもの養育に関する相談、助言並びに関係機関との連絡調整を行う等の支援を行わなければなりません。

人権擁護を基盤とした、母親に対する支援、子どもに対する支援、母親と子どもの関係性における支援、生活の場であればこそできる支援、その支援のための施設機能の充実と職員の資質の向上に努力してまいりたいと思います。これからも施設の在り様在り方をご理解いただきご支援いただければと思います。

北さくら園  施設長

 

 

 

設置主体:大阪市

経営主体:社会福祉法人 みおつくし福祉会

開設年月日:昭和26年12月19日(昭和49年4月1日改築)

敷地面積:1,806.67㎡

建物の構造:鉄筋コンクリート造5階建

延べ床面積:1,830.35㎡

定員:50世帯

 

 

1階:事務室・相談室・医務室・静養室・保育室・調理室・宿直室・シャワー室

2階:学習室・会議室・集会室・母子室(4.5帖・2帖)8室

3〜5階:母子室(4.5帖・2帖)42室