母子生活支援施設は、児童福祉法38条に基づいてつくられた施設です。18歳未満の子どもを養育している母子家庭、または何らかの事情で離婚の届け出ができていないが、母子家庭に準ずる家庭の女性が生活して、子どもの健全育成と、母親の生活の自立を目指して支援する施設です。

 

 

 

   お母さん、子どもたちといっしょに自立支援計画をつくり、皆さんが生きる力を育み、自分らしい生活をスタートできるよう応援します。それぞれの家庭に、独立したお部屋で生活していただき、安心で安全に暮らせる配慮をしています。生活するお部屋以外に、保育室、学童室、カウンセリング室なども整備しています。さらに年間を通じてグループワーク(子ども会活動や季節ごとのキャンプやスポーツ大会など)を実施し、子どもの健全育成を図っています。

 

   お母さんには、健康面・身体面・経済面・生活設計全般において、それぞれの抱える問題の解決に向けた支援をします。必要に応じて専門機関や専門職と連携し、悩みや不安をお持ちの方には、心理士によるカウンセリングや自己表現セミナーなどを提供します。就労支援としては、SST(社会的スキルトレーニング)の実施、就労相談員によるアドバイスや情報提供があり、将来に向けたステップアップを応援します。

 

   子どもたちは、学校から帰ったら学童保育で宿題などの学習支援が受けられます。グループによる遊びを通した豊かな体験やふれあいといった「人とのつながり」の中で社会のルールを学び、規則正しい生活リズムを身につけます。また、子どもたちへの心理的ケアとして、カウンセリングやグループワークなど、自分の気持ちを安心して話せる環境を提供し、成長に応じて自立できる支援を大切にしています。

 

   乳幼児については、お母さんの就労継続を支えるための保育所があります。地域の保育事情や年度途中で保育所に入所できない場合は、施設内保育を行っています。

 

   私たちはお母さんとともに子どもたちの成長を喜び合い、子どもたちの「笑顔」が家族の「明日(あした)」へ歩むステップになることを願っています。

 

 

 

 

施設長

施設の運営全般について総括します

 

母子支援員

お母さんの就労や生活、子育てなど

生活全般の支援を行います

 

少年指導員

児童の学習指導、日常生活援助を中心に、

児童の健全育成をはかるための支援を行います

 

保育士

施設内保育及び、乳幼児の

保育相談や補完保育を行います

 

心理療法担当職員

子育てや個々の悩みについて、

カウンセリングや心理療法を行います

 

調理員

施設内保育の調理や清掃等を行います

 

夜間宿直専門員

夜間の施設管理を行います

 

 

 

社会福祉法人 全国社会福祉協議会

全国母子生活支援施設協議会

 

    母子生活支援施設は、母と子の権利擁護と生活の拠点として、子どもを育み、子どもが育つことを保障し、安定した生活の営みを支えます。そのために母子生活支援施設は、母と子の主体性を尊重した自立への歩みを支えるとともに、常に職員の研鑽と資質向上に励み、公正で公平な施設運営を心がけ、母と子および地域社会から信頼される施設として支援を行うことをめざします。

 

<基本理念>

1.母子生活支援施設は、母と子の権利と尊厳を擁護します。

 

<パートナーシップ>

2.母子生活支援施設は、母と子の願いや要望を受けとめ、安心・安全な環境の中で、母と子の生活課題への取り組みを支援し、安定した生活の営みを形成することをめざします。

 

<自立支援>

3.母子生活支援施設は、母と子の自立に向けた考えを尊重し、その歩みをともにしながら、母と子を支えることをめざします。

 

<人権侵害防止>

4.母子生活支援施設は、法令を遵守し、母と子への人権侵害を許しません。

 

<運営・資質の向上>

5.母子生活支援施設は、母と子への最適な支援と、よりよい施設運営をめざすとともに、自己点検をはかり、職員自身も自らを見つめ直し、専門性の向上に努めます。

 

<アフターケア>

6.母子生活支援施設は、母と子の退所後も、地域での生活の営みを見守り、関わりを持ち、生活を支えることをめざします。

 

<地域協働>

7.母子生活支援施設は、関係機関や団体とネットワークを形成し、母と子・ひとり親家庭とともに歩み、住みよい地域社会づくりを進めることをめざします。

 

制定日 平成19年4月25日